FAGAと呼ばれる女性男性型脱毛症のびまん性脱毛症

びまん性脱毛症という言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。びまん性脱毛症は髪のボリュームがなくなったり、地肌が目立つ、髪が細くなってコシがなくなってきたなどの症状が現れたら疑ってみても良いでしょう。この脱毛症はFAGAと呼ばれることもある女性男性型脱毛症つまりFemaleAGAと言え、少しずつ進行していくので見た目でわかるようになるまでは非常に長い時間を要しますので、実際に症状が目に見えるようになってから気づくことが多いです。

加齢によって女性ホルモンのホルモンバランスが崩れてくる更年期になる頃に出始め、抜け毛が増えたり、髪のツヤがなくなったりし、閉経後にはもっと目立ってくるびまん性脱毛症の原因とされているのは加齢の他にもストレスや出産、ピルの服用、ダイエットや食生活の乱れ、過度にしてしまっているヘアケアなどがあげられ、加齢によって女性ホルモンのエストロゲンは少しずつ減少していき、AGAの原因となる男性ホルモンのテストステロンが優位に立ってきてしまうことでDHTへと変化し、脱毛が多くなっていきます。これを予防したり改善したりしたいのであればイソフラボンなどの女性ホルモンなどを積極的に摂取するのがオススメで、過度のダイエットはしないでおくことやストレスをうまく逃がしてあげること、そして髪をいじめないことも大切だといえるのですが、これは例えばシャンプーを1日に何度もしたり、染髪をしょっちゅうしたりすることなどのことです。髪を洗い過ぎてしまうと必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮が乾燥した状態になってしまうので髪を育てるベッドとしては良い状態だと言えなくなってしまうので、丈夫な髪を育てるためには不要な汚れや皮脂はしっかり落としながらもきちんと保湿されている状態の頭皮が必要なのです。

また育毛剤を使うのであれば女性用のミノキシジル配合のものを使うのが良いといわれており、女性用の場合、男性ほど高濃度なミノキシジルは必要ではないので男性用に比べると薄めに作られています。女性には1%から2%程度のミノキシジル濃度で十分効果を得ることができるということがわかっていますし、びまん性脱毛症は原因さえつかめれば改善することがほとんどできるものなので、できればクリニックに行って自分の薄毛の原因をしっかりと調べてもらうのが良いでしょう。また女性のびらん性脱毛症で大きな成果をあげているのがハーグ療法で圧倒的な発毛率を誇っており、ハーグ療法とは毛髪再生医療の一つで、脂肪幹細胞から抽出した成長因子のAAPEやビタミン、アミノ酸などを配合したHARGカクテルを頭皮に直接注入することで毛周期のサイクル正常化し、発毛を促すという方法です。注入する方法として注射、レーザー、医療用ローラーなどを使うものがあり、そのクリニックによって違います。個人差はあるものの、効果が目に見えてわかるまでには最短でも3か月、一般的には半年から8か月ほどかかりますがダウンタイムもほとんど必要なく、洗髪は当日はできませんが翌日にはできるようになります。ただし費用は100%自費になりますので、そこは承知しておかなくてはいけないですし、保険適用できず、クリニックによって設定金額が違いますので前もって確認しておかなくてはいけませんが、一般的には頭部全体に施術を施す場合は1回につき10万円ほど必要で、何度か継続して施術を受ける必要がありますので最終的には数十万円の費用が必要となることがあります。ただしモニター募集をしているクリニックもありますので、そういうところに応募して費用節約をするという方法もあります。

続きを読む

男性型脱毛症(AGA)とはホルモンの改善が治療法。

男性型脱毛症(AGA)とは男性ホルモンによる影響で起こる、脱毛の種類で、このホルモンが原因と考えられてますので、遺伝も要因に入ります。ホルモンの影響が強いということで、男性型脱毛症にかかった患者のアンドロゲンを調べたところ、変異がみられた研究結果があります。男性型脱毛症に大きく関与している実験結果でしょう。他にも要因として、5α還元酵素があるのですが、これがテストステロンと結合をし、DHTに変化をし、薄毛と脱毛を促す効果があります。
男性型脱毛症の研究は進んでおり、ガイドラインが作成されています。このガイドラインによって、その時にあった治療法を提案できるようになっていますね。症状段階を決めるにあたって、ハミルトン・ノーウッドの分類と呼ばれています。これは、9つのプロセスにわかれていて、進行具合を確かめるための分類方法となっています。主な種類として、「健康な状態」、「髪の生え際が少し後退」、「髪の生え際と頭頂部の脱毛」、「髪の生え際がかなり進んだ状態」、「生え際の後退が著しく、頭頂部も脱毛している状態」、「前頭部と頭頂部に薄毛」、「生え際と頭頂部の脱毛エリアが近い状態」、「前頭部と頭頂部に髪の毛がほとんどない状態」、「側頭部と後頭部しか髪の毛がない状態」に分類されています。
このような状態を診断し、適切な治療を選んでいくわけですね。その中で、男性型脱毛症によい治療と言われるのが、ミノキシジル外用が、一番推奨されていますね。他にも治療するやり方はあるのですが、充分な根拠とデータがないと、出来ない事が多いようです。日本の人口で男性は約、5000千万ちょっとですが、全国で800万人の成人男性が悩んでいるというデータもあります。同時に、500万人の男性が、予防策をしているとのデータもあります。日本だけではなく、欧米での研究も進んでいることから、薄毛と脱毛に悩む男性はかなり多いことが伺えますね。今は、大丈夫と思っていても、ホルモンの影響で男性型脱毛症になるのでしたら、大丈夫と思っていてもいきなり薄毛に近づく可能性もあります。
DNAの関係上、男性は母方の祖父が、薄毛である場合、影響が出やすいとの事です。これは、男性がX染色体を母親から受けるためです。その遺伝子ですので、アナタからみれば母親のお父さんの様子をみれば、将来どうなるのか予想をしやすいのではないでしょうか。年齢なども予測しやすいので、知識として頭に入れておいても損はないですね。

 

AGA情報を更に詳しく調べるのであれば、銀クリAGAのサイトがおススメです。AGAの仕組み(メカニズム)治療法など銀座総合美容クリニックの医師が詳しく解説していますので、参考になるはずです。

続きを読む

粃糠性脱毛症とは脂漏性脱毛症とは違い、乾燥したフケが原因の脱毛症です。

現在、フケが多く出るようになり薄毛になるかもと悩んでいる方は、まず特徴を知っておいたほうがいいでしょう。脂漏性脱毛症は、ジメジメしてるのが特徴で、粃糠性脱毛症は乾燥してるのが特徴です。たまに、大量に出る程度では粃糠性脱毛症とは言えないかもしれません。

 
もし長期間大量に出ているのであれば、皮膚疾患の1つとして考えることが出来ます。脂漏性脱毛症ともプロセスが似ているので混同しがちですが、皮膚の過剰分泌によるものではなく、角質異常による大量のフケが原因なのが、粃糠性脱毛症ですので、まずは診断をしてもらいましょう。進行が進みますと、毛根が炎症するのではなく、頭皮が炎症していきますので、食い止める必要性が出てきます。菌の繁殖で毛穴を塞いで脱毛に繋がりますので、皮膚のケアがとても大切です。男性型脱毛症(AGA)は、年齢による身体機能の低下が理由で脱毛をする事ですが、粃糠性脱毛症は自然に起こる脱毛症とは違い、疾患になりますので、適切な治療法を受けてもらいましょう。

 
薬の投入での治療もあるようですが、皮膚の炎症による脱毛が理由になりますので、普段のシャンプーの選び方、毎日の頭皮の洗い方など、生活スタイルから地道に治していく事が近道のようです。人それぞれによって肌の質が違うように、頭皮の質も当然です。ご自分の肌に合ったシャンプーを医師や、美容師に教えてもらえば対策は出来るでしょう。粃糠性脱毛症の治療中にしてはいけないのが、無闇にいろんな薬を頭皮につけないことです。使用を控えて、炎症がおさまるまで刺激を与えないようにすることです。

 
あとは、有効になる食べ物や栄養ですが、ビタミンB1がとても効果があるので、豚肉や卵などのタンパク質と、合わせて摂取する、食物繊維とのバランスも考える、これらを習慣に取り入れると回復も早いでしょう。脱毛は、栄養のバランスや身体の不調を知らせてくれるサインですね。人間、どこか身体が悪くなると、どこかに症状として出てきます。ストレスを普段から溜め込んでいる人は、いきなり円形脱毛症になる方もいますし、いきなりじゃなくても、ホルモンバランスの変化で、頭皮に異常がでてきて脱毛に繋がることもあります。日頃の生活で、不規則な食事とリズム、毎日、清潔に身体を保っているか、生活習慣が病気を引き起こす大きな理由かもしれません。粃糠性脱毛症とは、生活習慣から来る脱毛症で、頭皮に日頃から強い刺激を与えることで、病気といえるかもしれません。

続きを読む

特発性瘢痕性脱毛症とは通常の脱毛症と違い、髪の再生は病院へ行きましょう。

特発性瘢痕性脱毛症とは、自然に髪の毛の再生が出来にくいので、専門の病院でし、早めの診断が推奨されています。自然に髪の毛の再生が出来ないので、適切な治療が必要です。男性型脱毛症(AGA)との違いは、自分でケアが出来ない事で、知らないまま放置をした結果、症状が出た部分だけ髪の毛が生えてこない形になります。

 
原因として挙られるのが、身体の免疫機能の低下で、毛包消失という形で現れてきます。円形脱毛症と近いのですが、大きな違いは、自然に回復を待てば回復するものではないので、医師の診断と治療を受けることになります。主な治療法になりますが、副腎皮質ホルモン薬を使います。それを、服用と注射という形で治療を行います。発見する段階が早ければ、回復の効果も望めるので、早期発見が大切になります。

 
皮膚疾患であるフケの増大で、抜け毛が増える脱毛症ではありません。毛母細胞自体の働きを なくしてしまうので、早めの処置が回復出来る唯一の方法です。毛包の上部に攻撃をされるのですが、感染やうみ、外傷などはありません。あくまで、細胞の働きを消してしまう病気と言えます。自己免疫力の低下で、特発性瘢痕性脱毛症は起こりますが、年齢や性別に関係なく、だれでもなると言われており、日頃からの身体のケアや栄養、睡眠などの、生活のサイクルと整えることが予防をする手段になります。

 
朝起きた時に、急に脱毛してると気づいた時は、その時は会社に連絡をして休みをとって、病院へ駆けつけたほうがいいでしょう。
これから長い人生がまだあるのですから、長期的に考えると、脱毛したまま生活をする事と、今のうちに直して、髪の毛がちゃんとある生活とどちらがメリットがあるのかは明白です。対策が出来ないのであれば、仕方ない事で諦めることは出来ますが、現在の医療はとても発達しており、多くの病院で治療は出来るようになっています。

 
インターネットで、病気の原因を調べることも出来ますから、悩んでいるなら、その時間を治すことに使いましょう。髪の毛が生える仕組みは細胞と毛乳頭の健康が大切です。正常に、ホルモンバランスが整っていて、機能をすれば髪の毛は生えてきます。
急に、脱毛をして男性型脱毛症(AGA)と思わないで、診断を受けるようにすれば、治療が出来ますので、脱毛症に悩む必要はほとんどありません。年齢によるせいで、髪の毛がなくなってきたとあきらめないで、お近くの病院で判断をしてもらいましょう。

続きを読む

休止期脱毛症とは男性型脱毛症(AGA)と違い、発毛サイクルでの薄毛です。

薄毛で悩んでいますと、情報を調べるだけで苦労はしませんか?薄毛の名前の種類の多さで、何が正しくて、何が対策になるのか、効果はあるのか、判断が出来ないのではないでしょうか。休止期脱毛症とは、髪の毛の発毛サイクルの中にある、休止期に異常が発生して診断される脱毛症の事です。休止期とは、髪のサイクルで、成長を終えて抜け毛となる時期なのですが、この時期に抜け毛との本数に異常がある事で名付けられる脱毛症の名前です。

 
この時期に脱毛が見られる原因の特徴として、社会生活を送ることによるストレスが大きいと言われています。精神的に変調をきたす場合もありますし、生活のリズムが変わることもありますので、直接的な要因と間接的な要因が複雑に絡まってる事が多いのですね。休止期脱毛症は、栄養などではなく、あくまでホルモンバランスの変化が理由と考えられている為、治療法として考えますと、職場を変える、付き合う人を変えるなどの対策が効果としては早いと考えられます。

 
毛穴には数本の髪の毛があるのですが、休止期脱毛症はこのサイクルのリズムが崩れて、毛穴に数本の髪の毛が作られない状態が長く続くのです。その結果、軟毛化や細い髪の毛しか育たない事により、頭皮の密度低下と結果的になり、薄毛と判断をされるのですね。男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンの直接的な変化が原因で起こる脱毛症なので、休止期脱毛とは直接的な関係はないのです。

 
唯一共通していることは、脱毛や薄毛は、正常に髪の毛の発毛サイクルに異常がある事ぐらいですので、一緒くたにしないほうが、最善の対策が出来るでしょう。この違いの理解を深めることで、薄毛対策の効果は大きく変わってきます。男性型脱毛症は、ミノキシジルという薬が有効と言われてますが、あくまでも服用ではなく、外用として使用することが推奨されています。

 
ミノキシジル外用薬は、そのまま直接塗るという使い方です。今現在、何かの病気で日常で使用している薬はないでしょうか?もし使用をしてる薬があるのなら、抗凝固薬タイプは、休止期脱毛症となる要因の可能性があることも覚えておきましょう。つまりは、発毛サイクルを狂わせることによって起きる症状ですので、副作用でどのような影響があるかは事前に知っておきたいところではないでしょうか。

 
現在、薄毛に悩んでいる方は、どのような生活を送った時に薄毛になったのか思い出すことが大切です。理由が違えば、対策方法も変わるのですから。

続きを読む

老人性脱毛症とは男性型脱毛症(AGA)と違い、より毎日のケアが必要です。

老人性脱毛症とは、60歳以上の方に見られる脱毛症の事を指します。男性型脱毛症(AGA)と似てるように感じるかもしれませんが、大きな違いは、老人性脱毛症は、単純に人間の老化現象が原因で、男性型脱毛症は、遺伝、ストレス、食生活などが原因で起こる事から、明確な区別はあるのです。男性型脱毛症になり、理由が食生活であれば、食事の改善で、再び髪の毛の再生は可能ですよね。

 
老人性脱毛症で治療法がないわけではありませんが、身体機能の衰えが理由になっていますので、男性型脱毛症よりも、改善の効果がなかなか実感しにくい、またはメンテナンスやケアに、より力を入れないと効果が期待できないのです。年齢を重ねると、身体の機能は徐々に低下はしていくものです。細胞の不活性は、老化現象の1つですので、毛母細胞の働きも当然悪くなっていきます。全体的に薄毛になる事は自然なことです。

 
少しでも改善をするのでしたら、日頃から髪の毛を生やすサイクルにあった栄養をとることです。老人性脱毛症になる可能性の兆候に、薄毛になるだけではなく、白髪もその特徴と言えます。髪の毛は、日本人であれば黒ですが、この色を作っているのが色素細胞と呼ばれるのです。色素細胞がメラニンを生成して髪の毛に色を与えくれてるのですが、年齢を重ねるとこの細胞自体の働きも弱まってくるのです。まだ薄毛になっていない60歳以上の男性の方でも、白髪が急に目立つようになっているのでしたら、老人性脱毛症になる可能性がありますので、日頃の食生活とヘアケアをより意識したほうがいいでしょう。

 
老人性脱毛症への対策として、頭皮のマッサージがあります。これは髪の毛を作る毛乳頭へ刺激と血行を良くすることで、細胞の活性化を促すものです。もし、喫煙をされてる方は、控えたほうが無難でしょう。身体の血の巡りを悪くしますから、頭皮への影響もデメリットがあります。あと、これはあまりないかもしれませんが、白髪を抜いてもいけません。通常、髪の毛は毛穴に対して複数の髪の毛が生えています。白髪を抜き続ける行為は、この複数の髪の毛を作っている毛乳頭にダメージを与えてしまうのですね。
髪の毛のサイクルで、抜ける事は自然な事なのでダメージはないのですが、通常サイクルを壊すような事は、髪の毛を作る毛乳頭の働きをダメにしてしまうのですね。

 
白髪が気になってる方でも、日頃から白髪を抜く行為は控えましょう。進行を止めるのが難しいと言われている老人性脱毛症ですが、日頃のケアを怠らないことが進行をとめる対策と言えます。

続きを読む

薬剤による脱毛とは男性型脱毛症との違いを知る

男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンの影響や遺伝的な要素、さらに精神的なストレスなど様々な要因で起こりますが、自然に改善することは難しく、多くの場合はそのまま少しずつ進行していくこととなります。かつては改善が難しいとされていた症状ですが、今は良い薬もありますし、植毛などの技術も進化し、治療で改善できる症例も増えています。

 

 

そして男性型脱毛症は脱毛症の中でも代表的な存在ですが、そのほかにも様々な脱毛症があり、髪が抜ける原因も違いがあります。それゆえに同じ治療では改善が難しく、それぞれの症状に合った改善が必要となります。脱毛症にも薬剤が原因の脱毛症もあります。薬剤による脱毛とは、治療でインターフェロン剤や抗ガン剤を投与した場合、投薬後に副作用で毛母細胞にダメージが起こり髪が抜けてしまう症状です。このほかにも抗リウマチ剤や男性ホルモン剤、副腎皮質ホルモン剤などの薬でも抜け毛が起きる場合があります。

 

 

抗ガン剤はガン細胞を攻撃するのに役立つ薬ですが、同じような性質を持つ細胞も攻撃してしまう傾向があります。発毛に欠かせない毛母細胞も同じような特徴がありますので、それゆえに脱毛が起こりやすくなってしまいます。薬の種類やその人の体質によっても脱毛の進行の仕方は違いがあります。それゆえに早く脱毛の症状が出ることもあれば、遅れる場合もありますが、薬を使っている間は発毛させることはかなり難しいので、この間は特に対処が行なわれないことが多くなっています。

 

 

脱毛が比較的少なく済む場合もあれば、時には髪がすっかり抜けてしまう場合もあり、女性の場合はかなり精神的なダメージになってしまうこともあります。とはいえ、脱毛はいつまでも続くのではなく、薬が必要なくなれば少しずつ回復していきます。それゆえに治療法としては、まずはこの薬の投与を終わらせる必要がありますので、まずは病気の治療を優先することとなります。投薬中は髪を回復させることは難しくなりますので、この間は帽子やスカーフ、ウィッグなどを利用して抜け毛をカバーする対処を行なうことが一般的です。

 

 

医療用のウィッグもかつてはかなり高額なものも多かったですが、今はより低価格でも品質の良い商品が出ており、さらに利用しやすくなっています。頭皮の負担を抑えるためにも帽子やスカーフなどは肌に優しいタイプを選ぶこと、かつらの場合もできるだけ通気性がよく快適につけられるものを選んでおきましょう。

続きを読む

抜毛症 とはどのような抜け毛の症状か男性型脱毛症との違いを知る

髪が薄くなってしまう悩みを抱えている人は少なくありませんが、男性型脱毛症(AGA)は特に有名な存在で、今は治療法も様々な種類が登場し、治療で改善を目指す人も増えています。その治療方法も進化しており、薬を使う方法、植毛で改善していくという方法もあります。脱毛症の多くは、何らかの原因で髪が抜けやすくなる、再生しづらくなることがあげられます。そして脱毛症にも特殊なものがあり、抜毛症と呼ばれる症状もあります。

 

 

抜毛症 とは髪や頭皮に問題がないにかかわらず、本人が自ら髪の毛を抜いてしまう症状を指します。この症状はトリコチロマニアとも呼ばれており、心理的ストレスにより自らの髪を抜いてしまうとされています。そして、症状にも差があり、一部が薄くなっている場合もあれば、ほとんどの髪の毛を抜いてしまっている場合もあります。この症状は男性にも女性にもありますし、小さな子供にも発祥することがあります。こうした症状を持つ人はストレスを抱えていることが多いですが、髪を抜くことで一時的に気分が良くなり、それゆえについ髪に手がいってしまうこととなります。

 

 

髪が薄くなることを本人も気にしていることが多く、やめたいのにやめられないという悩みを抱えています。ときには、抜いた髪を口にしてしまうこともあり、それゆえに胃腸障害などが発生する場合もあり、難しい病気と言えるでしょう。

 

 

健康な髪を抜いてしまう症状ですので、それゆえに男性ホルモンの影響や血行不良などで起こる男性型脱毛症などとはまったく違いますので薬を飲んだり、育毛剤をつけることで改善できるというわけではありません。直していくためにはやはり精神的な症状を改善していくことが大切ですので、精神科などで診察を受け、心理療法で改善していくことも考えていく必要があります。

 

 

髪を抜かないためには精神面での治療が大切ですが、その改善には薬が使われることも多くなっています。抜毛症は衝動制御障害に分類されますのが、これは脳内のセロトニンが不足している場合などによく起こるとされています。それゆえに治療ではセロトニン再取り込み阻害薬・SSRIがよく利用されています。

 

 

精神的な病気では強迫神経症という病気もありますが、抜毛症もこの強迫神経症と重なる部分は多いとされています。自らやめさせることは困難な病気ですので、やはり精神的なストレスを減らす、治療をきちんと行なうなどで改善を目指していくこととなります。

続きを読む

牽引性脱毛症とはどんな症状か他の脱毛症との違いを知る

脱毛症では男性型脱毛症(AGA)は特に多くの人が悩んでいる症状ですが、そのほかにも様々な脱毛症があります。そして、髪を回復させるためには、それぞれの脱毛症の違いをしっかりと理解し、それぞれに合った治療法を選んでいくことが大切です。
脱毛症には牽引性脱毛症と呼ばれる症状もあります。牽引性脱毛症とはどんな症状なのかということとなりますが、これは髪を強く引っ張ったり、強く結んでしまうことが原因で生え際などが薄くなる症状です。

 

 

毎日ポニーテールなどで強く髪を引っ張っているとやはり毛根や髪にかかる負担は大きくなり、髪は抜けやすくなってしまいます。その他にも編みこみヘアーやお団子ヘアーなども注意が必要です。そして髪を引っ張っている時間が長いと頭皮の血行も悪くなり毛根にも髪の成長に必要な栄養がしっかり行き届かなくなってしまいます。そして、ポニーテールなどの髪をひっぱる髪型だけではなく、スタイリングの際に利用するヘアアイロンなどで髪を強く引くこともダメージへとつながります。

 

 

さらに理想の長さやボリュームを手軽に作ることができるエクステも髪のおしゃれには欠かせないものとなっていますが、やはり多用することは自毛や毛根には負担をかけることにつながります。髪の長い女性に多い症状ですが、男性でも長髪でいつも髪を束ねている方などには起こりやすい症状です。こうした症状を改善するには、まずは髪や頭皮の負担を減らすことが大切です。髪を強く引っぱるような髪型は避け、束ねる場合もゆるめにしておきましょう。

 

 

そして、髪を結ばないで良い長さに変えることもダメージを防ぐのに役立ちますので、髪型を変えてみることも考えてみましょう。
エクステやアイロンなども髪や頭皮の状態が悪い間は避けておきたいところです。エクステは編みこみ式の場合は髪にかかる負担は大きいですが、最近はより髪に負担の少ない施術も増えていますので、おおkなう場合も施術方法はよく確認しておきましょう。スタイリングのときも髪を必要以上に引っぱったりせず、短時間で髪に優しいスタイリングを心がけましょう。

 

 

さらに髪を改善させるためには頭皮ケアも欠かすことができませんので、育毛剤で栄養を送ったり、血行を促進させるための頭皮マッサージなども取り入れることも改善につながります。様々な脱毛症の中でも原因がはっきりとしており、改善しやすい症状とも言えますので、改善の努力は根気よく続けていきましょう。

続きを読む

脂漏性脱毛症とは、男性型脱毛症とは違います。適切な対策をしましょう。

脱毛や薄毛に悩む男性に多いのが、脂漏性脱毛症と男性型脱毛症と言われています。この2つは大きく違いがありまして、脂漏性脱毛症とはホルモンによる影響で起きるものではなく、日々の生活習慣や、頭皮の洗い方などに大きく関係をします。対して男性型脱毛症(AGA)とは日々の生活習慣は関係がないという研究の結果がでています。つまり、こちらは遺伝と男性ホルモンに起因する症状となっているわけですね。

 
人間には、男性ホルモン、女性ホルモンの2つがありますが、男性型脱毛症は、男性に起きる男性ホルモンに起因する症状ですので、女性も女性型脱毛症はあります。話がすこしそれましたが、脂漏性脱毛症は、ニキビを想像するとわかりやすいかもしれませんね。皮膚の過剰な皮脂の分泌によって、菌が大量に発生し、毛穴を塞ぐことから脱毛をすることから名付けられています。脂漏性脱毛症と脂漏性皮膚炎は大きく関係があり、頭皮にカビがいることで起きる症状です。頭皮にカビと聞くと、良いイメージはありませんが常在菌で、害は普段はないのですが、汗や皮脂の後始末をしていないと栄養としてどんどん繁殖をして、毛穴を塞いでしまうのですね。ですので、深い関係があります。

 
男性ホルモンが原因で起きる脱毛症とは違い、あくまで全体のホルモンバランスの崩れから、脂漏性皮膚炎になるので、脂漏性脱毛症と深い関係があることは明白と言えるでしょう。治療法としては、薬に頼るような治療よりも、普段の食習慣や、睡眠などの生活習慣の要因が大きいと言われていますので、自分の習慣を見直すことから始めるのが良いでしょう。脂っこい食事ばかりしてませんか?夜更かしなど充分な睡眠は確保していますか?毎日の仕事でストレスを溜め込んではいませんか?頭皮に悪い洗い方をしていませんか?自分の頭皮にあったシャンプーを選んでいますか?薄毛が気になってるのなら、一度カウンセリングを受けるなどしてみるといいでしょう。

 
インターネットで、情報を探して対策をすることも可能ですが、正しい診断をしてもらったほうが、より良い対策が可能ではないでしょうか?もしかすると脂漏性脱毛症と思っていたけど、乾燥のフケが原因の脱毛症もありますし、他にも理由が色々あって脱毛症の名前は変わります。そうしますと、有効な対策や治療が出来ない事がありますので、少しでも不安が残るようでしたら、無料でカウンセリングをしてくれる所を探して診断を受けたほうが良いでしょう。

続きを読む